織物

小千谷縮・小千谷袖とは

真綿から生まれる素朴な風合いが特徴で、絹独特の手ざわりの良さが伝わる紬。緯糸によりをかけて、しぼ(しわ)を出すのが特徴で、さらりとした涼感が、夏の着物としておすすめの小千谷縮。小千谷は、千数百年の伝統を誇る、わが国有数の織物産地です。

本物にやどる心 確かな一流品

 千年以上の歴史をもつ小千谷織物は、夏の着物の代名詞と言われる「小千谷縮」をはじめ、繊細な技術を駆使した「小千谷紬」、天領の地で磨かれ培われた「越後片貝木綿」など、伝統を守り続けてきた小千谷のこだわりが、確かな美として一つの世界を作り上げています。
重要無形文化財の技術保存の指定を受けている「小千谷縮」は、手績みの糸を手括りして染めた絣糸を、居坐機で織ったあと、湯もみ、足踏みでシボを取り、雪晒しを行うという伝統的な技法でつくられ、技術者たちによって今もなお伝えられています。
小千谷縮・小千谷紬(反物)
丹精込めて織り上げられた格調高い織物。サラリとした着心地の良さが親しまれています。
麻製品(のれん)
麻製品も多彩な品揃え。素材を活かしたのれんは、ナチュラルさを演出します。
楮布織(きんちゃく)
楮糸で織った生地は丈夫で張りがあり、しなやかで通気性が良いという特性があります。
小千谷縮(ジャケットとブラウス)
縮素材は洋服にも最適。爽やかな着心地が、暑い夏に涼を運んでくれます。
藍染め・草木染め(ネクタイ)
ネクタイ、のれん、テーブルセンターなど、小千谷は染めの技術も天下一品です。
小千谷縮・小千谷紬(小物)
 小千谷縮・紬製の小物は、和服にも、洋服にも、ピッタリと似合います。
「小千谷産品」SubMenu

小千谷そば
錦鯉
織物